御案内

 トップページ
 由緒・御神徳
 祭礼・行事
 御祈祷
 結婚式
 交通アクセス
 よくある質問

 堺の街
 関連リンク

 
御札・粽・御砂・鎮物の祀り方

御神札は神棚で祀るか、壁に北向きにならぬよう清浄な場所(目線より上)にてお祀り下さい。
御砂は入口から家の周囲、もしくは四隅に撒いて清めて下さい。マンションの場合は玄関ドアの内外とベランダに撒いて下さい。撒いて清めた後は土にお帰し下さい。
は玄関もしくは、方位の気になる所にお貼り下さい。この場合はどちら向きでも結構です。

御神札は棟上の時に、棟木の束に北向きにならぬようお貼り下さい。増改築の場合は神棚もしくは、改修箇所にてお祀り下さい。(但し、トイレ・浴室等不浄なる所や台所は避けて下さい。)
御砂は建築予定地の四隅に撒いて清めて下さい。又、増改築の場合は工事箇所に撒いて下さい。
鎮物(しずめもの)は基礎工事の際に建築地の中央に埋め、修理改造の時はをその箇所又は方位の気になる所へお貼り下さい。

御守は運転の妨げにならないところに吊るすかダッシュボード等に入れて下さい。
ステッカーは裏にあるシールをはがし平らなところにお貼り下さい。

厄除、旅行安全、初宮詣、学業成就、病気平癒等の場合も転宅、家相に準じてお祀り下さい。

御神札は、他の神社で授与されたものとは一緒にお祀りしますが、寺院でお受けになった御札とは別にして下さい。又、一年を目安に新しい御札をお受け下さい。
写真は(左)紙ちまき (右)御砂