主な年中行事

   1月
   2月
   4月
   5月
   6月
   9月
   11月



   御案内

 トップページ
 由緒・御神徳
 御札・粽の祀り方
 御祈祷
 結婚式
 交通アクセス
 よくある質問

 堺の街
 関連リンク

六月
 
夏越大祓
 6月30日・午後3時30分~茅輪神事

古来より我が国では清浄を尊び清明心を重んずる良き伝統を持ち続けており、特に6月(夏越)と12月(年越)の晦日には大祓式が執り行われます。
これは、日々の生活において知り知らず犯している罪や穢れを祓い清め、心身の一新を図る重要な神事です。
茅(ちがや)を束ねて大きな輪とした「茅の輪(ちのわ)」をくぐり、半年間の罪穢れを祓い除き、無病息災を祈願します。



水無月の夏越しの祓する人は千とせの命延ぶといふなり(拾遺和歌集)


茅の輪(ちのわ)の由来

善行をした蘇民将来(ソミンショウライ)が、素盞鳴尊(スサノオノミコト)から「疫病が流行したら茅(ちがや)の輪を腰につけると免れる」と言われ、そのとおりにしたところ疫病から免れることができたという故事によるといわれています。
大きな茅の輪をくぐることで心身共に清らかになって残りの半年を新たな気持ちで迎えます。


形代(人形)

禊(みそぎ)や祓(はらえ)に用いる紙の人形(ひとがた)。
体をなでて災いを移し祓い清めます。当神社では形代(人形)に移した罪穢れを大祓式にてお祓いします。


1枚 100円 (※6月と12月のみ)


このウィンドウを閉じる