主な年中行事

   1月
   2月
   4月
   5月
   6月
   9月
   11月



   御案内

 トップページ
 由緒・御神徳
 御札・粽の祀り方
 御祈祷
 結婚式
 交通アクセス
 よくある質問

 堺の街
 関連リンク

五月
 
粽祭 (例大祭)
 5月31日・午後1時~祭典

昔、神功皇后が方違の祓をされた故事により、毎年五月三十一日に行われる当社の例大祭にして、一年間授与する粽をご神前に奉る特殊神事。
菰の葉で埴土を包んだ粽を受ければ方位から来る災いから免れることができるとされ、この粽が転居や旅行等の悪方位を祓うものとして信じられています。祭りの当日、まずその年に授与する粽をお供えし、次に「湯神楽」が奉納され無病息災を祈願します。続いて稚児による「お砂持神事」が執り行われ、清めの砂を天秤棒で運ぶこの神事は、参拝者の目を大いに楽しませるものとなっています。




祭典の後、参拝者に本粽が授与される(無料)


湯神楽神事   ※社殿建替工事のため取り止めます。
 5月31日・午後1時30分~

御神前に大きな湯釜が置かれ、斎火によって沸かされた湯の中に米・酒・塩を入れて奉納した後、巫女が青々とした笹の葉で湯をふりまき無病息災を祈願する。




この斎湯にかかると無病息災といわれる


御砂持神事
 5月31日・午後2時~
3歳から5歳までの女児10人のお稚児さんが天秤棒を担ぎ、境内に御砂を運ぶ神事。
稚児とは本来、神様のよりしろとなる為に選ばれた神聖なる者を意味しています。子供の純真な心と身体は大変尊いものであり、神様は稚児に姿を借りて降臨されるとされ、日本の祭事では古来より大切な役割を果たしてきました。方違神社では、粽祭の御砂持ち神事と秋祭の稚児行列にお稚児さんが奉仕します。




※当日のみ、ちまき菓子(1本250円)もございます




このウィンドウを閉じる